成人式の振袖を母親が勝手に決めて買ってしまった時

私が家出をしたいと思ったのは、母親の束縛が酷い時です。 昔から母は、自分の考え方を押し付けて、自分の思い通りにしようと、我が強かったです。 例えば、成人式の振袖ですが、その時は、振袖の代わりに、その子が好きな洋服を買ってもらったりするという事が流行っていました。 私も、人生で一度しか着ない振袖にお金をかけるよりも、普段に着る洋服をいいものにして欲しかったです。 しかし、母はそんな私の意見を断固として聞かずに、着物も勝手に決めて買ってきてしまいました。 その時は本当に辛かったです。 家出人捜索願い新宿